賃貸物件で快適に暮らす方法

賃貸でおとり広告に騙されない

賃貸物件で快適に暮らす方法 一般消費者に対し実際の物件よりも著しく優良であると表示したり実際に物件が存在していないので、賃貸できない時や、また実際に物件があっても貸主に貸す意思がなかったり、かせない状態にあるときなどはおとり広告とみなされてしまいます。そして、情報誌やネットで見つけた物件がおとりかどうかは一般消費者にはわかりません。故意におとり広告をしたのか、何らかのミスでそうなったのかもわかりません。ですが、おとり広告といわれるものはほかの物件より魅力的ですから、つい問い合わせてみたくなります。それが実際に問い合わせてみるともうありません。決まりました。ですが、ほかにもありますから、一度来店してくださいといわれると、おとり広告だったのかと思ってしまいます。

おとり広告はまず電話問い合わせをしてもらうためのもので、さらに底から来店してもらえレエバ後は接客力で物件を契約してもらえる、そうしたからくりで賃貸業を営んでいる悪質業者がいることは否定できません。そしてもちろん業界全体としてはそうした悪質な業者を淘汰してクリアにして苦努力をしていますから、以前に比べてみればとてもよくなっています。それでも中にはおとり広告を出してしまうことがあります。
Copyright (C)2022賃貸物件で快適に暮らす方法.All rights reserved.